今こそ求められる資格|就職を有利に|行政書士の資格で得られるメリット
勉強道具

就職を有利に|行政書士の資格で得られるメリット

今こそ求められる資格

先生と子供

新制度で大きく変わる

子どもの頃、大きくなったら幼稚園の先生になりたいと思ったことはありませんか。実は幼稚園の先生、すなわち幼稚園教諭の資格は、文部科学省の管轄する国家資格なのです。平成27年から予定されている保育園と幼稚園が一体となった「認定こども園」という新しい制度が導入されることから、今まで以上に資格保有者のニーズが求められています。その為、幼稚園教諭の資格を取得しやすくする特例の条件が設けられています。それは、保育士の資格があり、尚且つ実務経験者である場合です。認定こども園で従事するには保育士と幼稚園教諭の両方の資格が必要となるためで、先に保育士の資格を取得していれば、大学などで習得する必須単位が少なくてすむようになっています。

免許の違いは学位の有無

実際に幼稚園教諭の資格を取得するには、幼稚園教諭養成課程のある学校を受験するところから始まります。学校には短期大学、大学、大学院のほか専門学校があります。それぞれカリキュラムを学び、必要となる単位を修得して卒業できれば、晴れて幼稚園教諭の免許状を取得することができます。卒業した学校により取得できる免許状も変わり、大学院卒業時に得る修士の学位の保持者には専修免許が、大学卒業時に得る学士の学位の保持者には1種免許が、専門学校や短期大学の卒業者は2種免許がそれぞれ取得することができます。社会人の方で幼稚園教諭を目指すなら、上記のような方法以外にも働きながらでも資格を取得する方法があります。幼稚園教員資格認定試験を受けて合格すれば、2種免許が取得できるようになります。活躍の場が広がる今が、資格を取得するチャンスです。